ガイドライン

標準的神経治療:本態性振戦

標準的神経治療:本態性振戦(PDF/2.6MB)
この標準的神経治療は、「神経治療学」28巻3号より全文転載しました。
内容を無断で複写・複製・転載することを禁じます。

編集

日本神経治療学会治療指針作成委員会

執筆担当者一覧

編集責任者:

中島健二
(鳥取大学脳神経内科)

緒言:

中島健二
(同上)

I 疫病,病因,病態機序

花島律子
(東京大学神経内科)
宇川義一
(福島県立医科大学神経内科)

II 診断と鑑別

近藤智善
(和歌山県立医科大学神経内科)

III 治療:総論

中村雄作
(近畿大学附属堺病院神経内科)

IV 治療:薬物療法

永井将弘
(愛媛大学薬物療法・神経内科)
野元正弘
(同)

V 治療:外科治療

北川まゆみ
(札幌麻生脳神経外科病院神経内科)

VI 治療:ボツリヌス毒素注射治療

松本昭久
(渓仁会定山渓病院神経内科)
佐々木秀直
(北海道大学神経内科)

PDFを見るためにはアクロバットリーダー4.0以上のバージョンが必要です。最新のアクロバットリーダーはアドビ社のウェブサイトからダウンロードできます。

Get Adobe Reader

このページのTOPへ