総会案内

標準的神経治療:片側顔面痙攣

標準的神経治療:片側顔面痙攣(PDF/2.07MB)
この標準的神経治療は、「神経治療学」25巻4号より全文転載しました。
内容を無断で複写・複製・転載することを禁じます。

監修

日本神経治療学会

編集

日本神経治療学会治療指針作成委員会

編集担当委員長:

片山 泰朗
(日本医科大学 内科 神経・腎臓・膠原病リウマチ部門)

編集委員:

上田 雅之
(同上)
永山 寛
(同上)

執筆担当者

緒言

片山 泰朗
(日本医科大学 内科 神経・腎臓・膠原病リウマチ部門)

1.概念・病態

岡本 幸市
(群馬大学 脳神経内科)

2.疫学

大澤美貴雄
(東京女子医科大学 神経内科)

3.治療

(1)治療選択基準

林  明人
(順天堂大学 リハビリテーション医学・脳神経内科)

(2)薬物療法

中村 雄作
(近畿大学医学部堺病院 神経内科)

(3)ボツリヌス毒素療法

総論:梶 龍兒
(徳島大学 情報医学)
実際:目崎 高広
(榊原白鳳病院 神経内科)

(4)外科的治療

田草川 豊
(三井記念病院 脳神経外科)

PDFを見るためにはアクロバットリーダー4.0以上のバージョンが必要です。最新のアクロバットリーダーはアドビ社のウェブサイトからダウンロードできます。

Get Adobe Reader

このページのTOPへ