ガイドライン

標準的神経治療:不眠・過眠と概日リズム障害

標準的神経治療:不眠・過眠と概日リズム障害(PDF/4,288KB)
この標準的神経治療は、「神経治療学」33巻4号より全文転載いたしました。
内容を無断で複写・複製・転載することを禁じます。

編集

日本神経治療学会治療指針作成委員会

編集責任者:平田 幸一 (獨協医科大学神経内科)

執筆担当者一覧

緒言:

平田 幸一
(獨協医科大学神経内科)

I 不眠症の概念

清水 徹男
(秋田大学精神科)

II 不眠症の疫学とメカニズム

降籏 隆二
(日本大学医学部精神医学系)
内山  真
(同 上)

III 中枢性過眠症

宮本 雅之
(獨協医科大学看護学部看護医科学・獨協医科大学睡眠医療センター)
宮本 智之
(獨協医科大学越谷病院神経内科)

IV 脳血管障害と睡眠異常

竹川 英宏
(獨協医科大学神経内科)
鈴木 圭輔
(同 上)
平田 幸一
(同 上)

V 変性疾患と睡眠

① 認知症と不眠

野村 哲志
(鳥取大学脳神経内科)
中島 健二
(国立病院機構松江医療センター)

② 多系統委縮症と睡眠異常

下畑 享良
(新潟大学脳神経内科)
西澤 正豊
(同 上)

VI 治療

① 薬物療法

稲田  健
(東京女子医科大学精神科)
石郷岡 純
(同 上)

② 非薬物療法

岡島  義
(早稲田大学人間科学学術院)
井上 雄一
(公益財団法人神経研究所・東京医科大学睡眠学講座・睡眠総合ケアクリニック代々木)

PDFを見るためにはアクロバットリーダー4.0以上のバージョンが必要です。最新のアクロバットリーダーはアドビ社のウェブサイトからダウンロードできます。

Get Adobe Reader

このページのTOPへ