会員メールアドレス登録

日本神経治療学会事務局

  • HOME
  •  > お知らせ一覧

お知らせ一覧

2012年12月27日
投稿規定改正
投稿規定を改正いたしました。
2012年12月27日
学会賞について
2011年学会賞は、論文賞は白石眞先生に、治療活動賞は中島一郎先生に授与されました。
詳しくはこちらをご覧ください。
2012年12月13日
標準的神経治療:高齢発症てんかん(「神経治療学」29巻4号)の訂正について
先に発行いたしました「標準的神経治療:高齢発症てんかん」の内容に誤りがありました。
お詫びして訂正いたします。

神経治療学 29巻4号 p.478
X 高齢者脳卒中後てんかんの治療 Table4
Lamotrigine(ラミクタール)
一般投与量:  誤 400〜1,200  → 正 100〜400
適応となる発作型:  誤 全般発作 部分発作  → 正 全般発作 部分発作の付加的治療
なお、本ホームページ掲載の「高齢発症てんかん」は修正後のものです。

第30回総会について
第30回総会を盛会裡に終了いたしました。ご発表・ご参加を有り難うございました。

2012年11月16日
第30回総会抄録集(「神経治療学」29巻5号)掲載記事の訂正について
先に発行いたしました第30回総会抄録集の掲載記事に誤りがありました。
お詫びして訂正いたします。
神経治療学 29巻5号 p.595 マラソンレクチャー2
タイトル:脳梗塞急性期治療の基本方針
著者名:大槻俊輔
左段10行目
誤 発症3時間以内 → 正 発症 4.5 時間以内

「標準的神経治療(合冊版)」の発行について
当会発足30周年を記念して「標準的神経治療(合冊版)」を発行いたしました。
目次:手根管症候群・Bell麻痺・片側顔面痙攣・三叉神経痛・高齢発症重症筋無力症・慢性疼痛・
    めまい・本態性振戦・Restless legs症候群
医学書院 価格9500円+税(9,975円)
2012年09月26日
「標準的神経治療:高齢発症てんかん」を掲載いたしました。
2012年09月13日
rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法の治療可能時間の延長(4.5時間以内)について
上記につき、日本脳卒中学会より周知依頼がありました。脳卒中学会のwebsiteにリンクしてお知らせいたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
2012年08月23日
MS治療ガイドライン追加情報
多発性硬化症治療ガイドライン2010(医学書院刊)の診断基準に関する追加情報に、フィンゴリモドを追加いたしました。
詳しくはこちらをご覧ください。
2012年08月16日
MS治療ガイドライン追加情報
多発性硬化症治療ガイドライン2010(医学書院刊)の 診断基準およびIVIgに関する追加情報を掲載いたしました。
詳しくはこちらをご覧ください。
2012年08月16日
2012年度新規評議員候補者の受付を終了いたしました。
2013年度は、2013年7月中旬を予定しています。
2012年07月13日
2012年度新規評議員候補者の受付を開始いたしました。
期間は、2012年8月15日までです。
詳しくはこちらをご覧ください(会員限定)。

「神経治療学」の投稿規定を改訂いたしました。
詳しくはこちらをご覧ください。
2012年05月15日
第30回総会の一般演題の募集期間は終了いたしました。
多数御応募いただき、ありがとうございました。
2012年03月13日
「標準的神経治療:Restless legs 症候群」を掲載いたしました。
2011年12月28日
■学会賞について
2011年学会賞は、論文賞は 水野裕司先生に、治療活動賞は、飯島献一先生に授与されました。
詳しくはこちらをご覧ください。
2011年12月28日
■第29回総会について
第29回の総会を盛会裡に終了いたしました。ご発表・ご参加を有り難うございました。
2011年07月12日
■2011年度新規評議員候補者の受付を開始いたしました。
→終了いたしました。2012年度の募集は2012年7月中旬〜8月中旬を予定しています。
「標準的神経治療:本態性振戦」を掲載いたしました。
以下のガイドラインをリンクにより掲載いたしました。
但し、ダウンロードおよびプリントはできません。
多発性硬化症治療ガイドライン2010
認知症疾患治療ガイドライン2010
てんかん治療ガイドライン2010
2011年05月23日
「標準的神経治療:めまい」を掲載いたしました。
2011年05月06日
第29回日本神経治療学会総会 演題募集は締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。
2011年03月16日
この度の東北地方太平洋沖地震に際し、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
また被災地にある医療施設におかれましては、困難な状況での診療活動に対し敬意を表し、一日も早い復興を祈念申し上げます。
2011年01月31日
■B型ボツリヌス毒素製剤の使用にあたっての留意事項について
B型ボツリヌス毒素製剤の使用に関連し、厚生労働省より会員への周知依頼がありました。
以下のPDFファイルを御覧ください。
PDFファイル(85KB)
2010年12月01日
■A型ボツリヌス毒素製剤の適用拡大にあたっての留意事項について
A型ボツリヌス毒素製剤(商品名:ボトックス注用50単位・100単位)の効能効果に「上肢痙縮、下肢痙縮」が追加されたことに関連し、厚生労働省より会員への周知依頼がありました。
以下のPDFファイルを御覧ください。
PDFファイル(62KB)
2010年09月09日
「標準的神経治療:慢性疼痛」を掲載いたしました。
2010年08月19日
■準会員(医師・歯科医師以外の会員)について
当学会では新たに準会員の制度を設けました。
医師・歯科医師以外で、機関誌「神経治療学」の配布を希望しないかたが対象です。
(年会費5,000円)
機関誌の内容は、ホームページ上で読むことができます。
それに伴い入会申込書が変わりました。
なお、すでに御入会済みの医師・歯科医師以外の会員で、準会員への変更をご希望のかたは事務局までご連絡ください。但し2011年度(1月)からの適用になります。
2010年08月19日
■学会賞について
2009年度学会賞は、論文賞は篠原幸人先生に、治療活動賞は青木正志先生・下畑享良先生に授与されました。
詳しくはこちらをご覧ください。
2010年08月19日
■第28回総会について
第28回の総会を盛会裡に終了いたしました。ご発表・ご参加を有り難うございました。
2010年05月26日
「標準的神経治療:高齢発症重症筋無力症」を掲載いたしました。
2010年04月01日
■2010年度新評議員の推薦を受け付けます。
→終了いたしました。2011年度の募集は2011年8月頃を予定しています。
2010年03月01日
「標準的神経治療:三叉神経痛」を掲載いたしました。
2010年02月03日
■第28回総会の演題募集期間を延長いたします。締め切りは2010年2月4日(木)午前8時です。
→終了しました。多数の御応募ありがとうございました。
2010年01月22日
■「多発性硬化症治療ガイドライン2009(案)」
  「てんかん治療ガイドライン2010(案)」に対する意見公募

→終了しました。ご意見ありがとうございました。
2010年01月06日
■「認知症疾患治療ガイドライン2010(案)」に対する意見公募
→終了しました。ご意見ありがとうございました。
2009年12月2日
「脳卒中治療ガイドライン2009」を掲載いたしました。
2009年11月20日
■第28回総会の演題募集が始まりました。締め切りは2010年1月14日(木)です。
詳しくはこちらをご覧ください。
2009年10月27日
■日本神経治療学会ホームページをリニューアルしました。
2009年10月2日
■「標準的神経治療:片側顔面痙攣」を公開
「標準的神経治療:片側顔面痙攣」を公開いたしました。
2008年8月26日
■理事長交代について
第26回総会時(2008年6月26日)をもって、理事長が田代邦雄より糸山泰人に交代いたしました。
理事長挨拶のページに新理事長の所信を掲載いたしました。
2008年8月4日
■2008年度学会賞について
2008年度論文賞は宇那木晶彦先生に、治療活動賞は橋本洋一郎先生に授与されました。

■第27回総会について
盛会裡に終了いたしました。
御協力・御参加ありがとうございました。
2008年6月9日
■「標準的神経治療:Bell麻痺」を公開
「標準的神経治療:Bell麻痺」を公開いたしました。
2008年4月8日
■「標準的神経治療:手根管症候群」を公開
「標準的神経治療:手根管症候群」を公開いたしました。
2008年4月3日
■平成20年度診療報酬改定における「神経学的検査」(D239-3)新設について
表記につき、日本神経学会の許可を得て、神経学会関連URLにリンクいたします。
平成20年度診療報酬改定における「神経学的検査」(D239-3)新設について
投稿規定改訂
2007年9月より投稿規定が改訂されます。
英文論文の御投稿を受け付けます。
改訂後の規定は、こちらをご覧ください。
ドパミンアゴニスト使用上の注意
(日本神経学会「ドパミンアゴニスト使用上の注意」検討委員会)
日本神経学会の許可を得て、神経学会関連URLにリンクいたします。
http://www.neurology-jp.org/news/0704_dopamin/index.html
掲載記事の訂正とお詫び
「細菌性髄膜炎の診療ガイドライン」のうち、以下の箇所につき、お詫びして訂正いたします。

【細菌性髄膜炎の診療ガイドライン】
PDFファイルp.6 巻頭フローチャート(つづき)左列下段
●投与量と投与方法
[成人例]
1パニペネム・ベタミプロン合剤(カルベニン):
誤 10g/回 → 正 1.0g/回。
「細菌性髄膜炎の診療ガイドライン」を公開
「細菌性髄膜炎の診療ガイドライン」を公開いたしました。
ペルマックス®の安全情報」について
ペルマックス®の安全情報を掲載いたします。
(日本イーライリリー株式会社のサイトより転載)
ペルマックス®錠添付文書改訂のお知らせ(PDF)
学会ポリシーについて
当学会の今後の方針を示す学会ポリシーを掲載いたしました。
「神経免疫疾患治療ガイドライン」を公開
神経免疫疾患治療ガイドラインを公開いたしました。
抄録誌配付について
2002年度より総会抄録は機関誌「神経治療学」3号に掲載し、会員には配付いたします。
会員外で購入御希望のかたは学会事務局まで御連絡ください。
jsnt@blue.ocn.ne.jp
このページのTOPへ